「高校の卒業時期も柔軟に」 全国知事会が提言

ポストコロナ時代の新しい学びの姿を検討している、中教審の初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」は10月22日、第15回会合を開き、全国知事会の文教環境常任委員会委員長である阿部守一長野県知事に、公立高校設置者という立場からのヒアリングを行った。阿部知事は高校改革の一つに「現状3年とされている標準的な修業年限を、生徒の能力や希望により柔軟化していくこと」を挙げた。

阿部知事はコロナ禍による臨時休業が長期化する中、秋季入学の議論が活発化したことに触れ、「大学ではすでに秋季入学を取り入れているところもある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。