教育課程部会がまとめ素案 「個別最適」巡り議論も

中教審の教育課程部会は10月23日、第121回会合を開き、これまでの審議に関するまとめの素案を提示した。初等中等教育分科会で同7日に取りまとめた中間まとめの中心的なテーマである「個別最適な学び」と「協働的な学び」などについて、これまでの議論を整理した。ただ、このフレーズが意味するところについて共通した理解が難しいという問題意識から、より伝わりやすい定義を探り、共通理解を促すための議論を有識者らが繰り広げた。

素案では▽「個別最適な学び」と「協働的な学び」▽各学校段階を通した資質・能力の育成▽補充的・発展的な学習指導▽カリキュラム・マネジメントの充実に向けた取り組みの推進――といった大きなテーマごとに整理。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。