デジタル教科書、使用基準を緩和へ 文科相が指示

学習者用デジタル教科書の授業での使用を、教科ごとに授業時数の2分の1未満としている現行基準について、萩生田光一文科相は10月23日の閣議後会見で、「子供たちの発達状況に応じて、緩和を前提に見直しをしたらどうか」と述べ、緩和に向けて検討を加速するよう担当部局に指示したことを明らかにした。年内をめどに方向性を示す考え。一方、河野太郎行政改革相は、同日開かれた政府の経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)の席上、萩生田文科相、平井卓也デジタル改革相と10月2日に行った3閣僚会合で、「オンライン授業やデジタル教科書について、規制をなくしていく方向で一致」したと報告した。

デジタル教科書の使用基準を見直す理由について、萩生田文科相は「(3閣僚会合で)平井デジタル改革相から『教科書は原則デジタル教科書にすべきだ』との提案があった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。