マヨネーズ工場での仕事を質問 オンラインで社会科見学

コロナ禍の影響で実施が困難になっている社会科見学をオンライン授業で実施する取り組みがこのほど、東京都調布市立若葉小学校(渡邊桂子校長、児童826人)の3年生で行われた。愛知県豊田市にあるキユーピー挙母工場と同校をZoomでつなぎ、従業員がマヨネーズやドレッシングの製造工程などを説明。児童らは事前に調べたことも踏まえ、積極的に質問を投げ掛けた。

同校では例年、3年生の社会科見学は近隣にあるキユーピーの見学施設「マヨテラス」を訪れていたが、同施設がコロナ禍の影響で臨時休業となっていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。