大学入試のオンライン面接 全高長が文科省に改善を要望

秋から始まった総合型選抜などの大学入試を巡り、全国高等学校長協会(全高長)は10月22日、新型コロナウイルスの感染対策として行われているオンライン面接で、高校を面接会場に指定したり、面接中に通信が切断された場合は受験生の責任としたりしている大学があるなど、高校側の負担や受験生に不利益が出ないように配慮されているとは言えない事例があるとして、文科省に改善を求める要望書を提出した。

要望書では、全高長が10月上旬に都道府県協会の会長を通じて、秋ごろから行われている総合型選抜や学校推薦型選抜などの大学入試の実施状況を調査したところ、オンライン面接の会場として高校を指定される事例が複数報告され、大学側から求められている通信環境に対応できなかったり、指定された日に学校行事などが重なるなどして静かな環境を準備できなかったりするなど、さまざまな問題が生じていると指摘。

中には、平日の日中に受験生を自宅で受験させたり、携帯電話に連絡をしたりするなど、授業に支障が生じたケースもあったと、一部の大学側の対応を批判した。

さらには試験中に通信の中断があった場合は、異議を申し立てないという同意書を提出させていた大学もあったとして、こうした事例は文科省が各大学に出したオンライン面接の実施についての通知の趣旨に反する扱いであり、「極めて遺憾」だと強く非難。

この調査結果を氷山の一角として捉え、大学入試の実施状況を把握し、受験生が不利益を被ることのないよう、大学側に対して必要な指導・助言を継続的に実施することを求めた。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集