ICT活用した学びの効果検証へ 長野・三重などの高校で

公立高校の設置者の立場から、多様なニーズに応じた高校教育について議論する全国知事会の「これからの高等学校教育のあり方研究会」は10月26日、第2回会合を開き、長野県、三重県などの高校を対象に、ICTを活用した学びの効果検証を行う方針を示した。期間は今年11月以降1~2カ月程度で、来年6月をめどに結果をまとめる。

効果検証では、それぞれの県で学力水準などの特徴を踏まえ、偏りのないよう3校ほどの高校を選定。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。