デジタル教科書と教材の連携 技術面や発達段階など論点

1人1台端末の整備に伴い本格導入が検討されている学習者用デジタル教科書について、文科省の検討会議は10月27日、第5回会合を開き、ドリルや学習ノートといったデジタル教材を、どのようにデジタル教科書と組み合わせて活用するかについて議論した。自治体や学校の関係者からは、発達段階に合わせた活用や導入費用などの論点が出された。

教材出版社の団体である日本図書教材協会の森達也理事は、学校用デジタル教材の主な効果として▽個に応じた学習への対応▽紙の教材を補完する役割▽学習状況分析精度の向上、校務負担の軽減▽家庭との学習進捗(しんちょく)管理の共有――を挙げた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。