オンラインの先を行く 芝浦工大附属のバーチャル文化祭

今年は新型コロナウイルスの感染防止対策のため、多くの学校が文化祭を中止としたり、オンライン上での動画配信としたりしている。そんな中、東京都江東区にある芝浦工業大学附属中学高等学校(大坪隆明校長、生徒1128人)は、オンラインをさらに一歩進めたバーチャル文化祭を展開。11月1日からの開催に向け、オンライン上でリアルな学校の様子を“体験"できる仕掛けづくりを進めている。本番に向けて準備が進むバーチャル文化祭の舞台裏をのぞいた。




苦渋の決断から始まったチャレンジ

「人数制限してでも学校でやるか、オンラインでやるか、実行委員会の中でも意見が分かれていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。