大学運動部の9割が活動禁止・制限 多くで再開の動きも

大学スポーツにおける大学間・競技間を横断する統括組織、大学スポーツ協会(UNIVAS)は10月28日、コロナ禍の影響で9割の大学が運動部活動の禁止・制限や、大学内のスポーツ施設の使用禁止・制限を行っていたとする調査結果を発表した。10月に入ると、多くの大学で部活動が再開されていた。

感染防止対策として、大学が運動部活動に対して実施した取り組みを複数回答で聞いたところ、▽学内での運動部活動の禁止または制限 93.9%▽学外での運動部活動の禁止または制限 90.8%▽学内スポーツ施設の使用禁止または制限 91.8%――で、9割以上を占めた。また、運動部活動の実施に関するガイドラインを作成していた大学も73.5%あった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。