産官学連携によるSTEAM教育 未来の教室で事例報告

経産省が主催する「未来の教室」実証事業の第7回オンラインキャラバンがこのほど開かれ、学校と産官学の連携によってSTEAM教育を展開した、山形県教委と熊本県立熊本高校の事例が報告された。

山形県教育センターの熊坂克指導主事は、生物の実験で使用するDNAの解析装置を他教科の指導主事と協働して、100円ショップの材料などだけを使用し、1000円程度で自作した取り組みを報告。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。