中間まとめに全連小や全日中が意見 踏み込んだ策求める

中教審の新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会は10月29日、第17回会合をオンラインで開催し、今月7日に取りまとめた中間まとめ「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す 、 個別最適な学びと、協働的な学びの実現~」について、全連小や全日中、全高長、日本教職員組合(日教組)など、関係団体からヒアリングした。各関係団体は、教員の人材確保や学校のICT環境整備について、さらに踏み込んで具体的な策を講じるよう求めた。

中間まとめについて、全連小の喜名朝博会長は「学校教育の基本に立ち返ることが必要」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。