小中高生と平井デジタル相が議論 「未来の教育」めぐり

11月3日から開かれている、教育イノベーションの加速を目指すグローバルカンファレンスイベント「Edvation x Summit 2020 Online」(教育イノベーション協議会主催)で同日、「未来の教育イノベーター会議」が行われた。学校のデジタル化を推進したり、起業家や動画クリエーターとして活躍したりする小中高生が登壇し、これからの学校や教育のデジタル化の在り方について、平井卓也デジタル改革相と意見交換した。

登壇した小中高生と平井卓也デジタル改革相(教育イノベーション協議会提供)

コロナ禍での休校中、料理動画を作成し、YouTubeで配信した小学生のもっちーさんは「YouTubeは、これからもっと学校でも活用できるのでは。自由研究を動画で提出したり、授業で開設動画を見たり、大掛かりな理科実験の動画を簡単に見たりすることができたら、授業を面白く感じる人がもっと増える」と提案した。

小学生の時に起業し、現在は東京都千代田区立麹町中学校に通う佐藤夢奏(ゆめか)さんは休校中、自身が住む千代田区の子供などに向け、毎朝1時間、Zoomでホームルームをするなどの取り組みを紹介。「リアルでは意見を言いづらい子供がオンラインでは言えるなど、安心できるコミュニティーができていた」と振り返った。

海城高校(新宿区)で生徒会副会長を務める小嶋匠実(たくみ)さんは、部活紹介や文化祭をオンラインで開催した経緯を紹介。オンラインで知識をインプットし、活発な議論を行える可能性を感じながらも、「対面での議論など、『リアルの価値』をいかに出していけるかが、今後の教育にとって重要になるのでは」と主張した。

平井デジタル相は「学校に『もっとこうしてほしい』と思うことはあるか」と問い掛け、登壇した子供たちからは「オンライン授業を進めてほしい」「学校再開以降、止まってしまったMicrosoft Teamsをもっと活用してほしい」といった声が上がった。

「紙の教科書は重いので、デジタルにしてほしい」と答えたもっちーさんに、平井デジタル相は「絶対いいよね、デジタルの方が。紙の教科書をデジタルにすると、教科書の中身も大きく変えることができる」と応じた。

議論の最後に平井大臣は「うれしかったのは、みなデジタルを目的でなく手段、ツールだと理解していて、何のために学ぶか、何をするかをちゃんと考えていること。デジタルの時代になり、能力がさらに解放される可能性はますます大きくなっているし、彼らが最大限、能力を発揮すれば、次の日本の未来は明るい。やりたいことを、それぞれがやりきってほしい」と締めくくった。

次のニュースを読む >

関連
関連記事