わいせつ教員の再任対策を通知 文科省、懲戒歴の明示も

児童生徒などへのわいせつ行為で懲戒処分を受けた教員の再採用に厳正な対応を進めるため、萩生田光一文科相は11月4日の閣議後会見で、過去の懲戒免職処分歴を確認できる「官報情報検索ツール」の検索可能期間を「直近3年間」から「直近40年間」へと大幅に延長したことについて、適切な活用を求める通知を各都道府県などの教委に出したことを明らかにした。通知では、履歴書などの採用関係書類の賞罰欄に、刑事罰だけではなく、懲戒処分歴についても明示することを促すなど、教員採用における留意事項も挙げた。

通知は10月30日付。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。