「学校も大人も社会から乖離」 工藤勇一校長らが議論

新しい教育の動きを捉える国際カンファレンス「Edvation x Summit 2020 Online」(教育イノベーション協議会主催)が11月3日からオンラインで開かれ、2日目となる4日には、前東京都千代田区立麹町中学校校長の工藤勇一横浜創英中学・高等学校校長と、株式会社が運営する広域通信制高校である第一学院高等学校副理事長の竹下淳司ウィザス取締役第2教育本部長、サッカー元日本代表の本田圭佑選手が代表を務める「NowDo」の鈴木良介取締役副社長(COO)が登壇。「子供たちや学校と社会のつながり」をテーマに議論した。

工藤校長は、日本財団が昨年、17~19歳を対象に9カ国で実施した「国や社会に対する意識調査」の結果を示し、日本の若者は「自分を大人だと思う」や「自分は責任がある社会の一員だと思う」「自分で国や社会を変えられると思う」などの全ての項目で「はい」と答えた回答者の割合が最低だったことを踏まえ、「日本の子供たちは世界の子供たちに比べても子供じみていて、社会に対する当事者意識を失っている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。