校則見直しは必要か 熊本市、教員や生徒にアンケート

熊本市教委はこのほど、市内の学校や教職員、児童生徒を対象にした「校則・生徒指導のあり方の見直しに係るアンケート」の調査結果をまとめた。それによると、自分の学校の校則を見直す必要があると感じているのは、小学生で30.3%、中学生で34.7%、高校生で46.2%、教職員で29.6%に上ることが分かった。日焼け止めやシャープペンシルの禁止、ソックスやヘアゴムの細かい規定などについて不要だとする意見があった。

調査結果によると、市内137校(小学校92校、中学校43校、高校2校)のうち、定期的に校則の見直しをしていたのは▽小学校 86校▽中学校 40校▽高校 2校――で、どの学校種でも大多数を占めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。