「GIGAスクール構想は入り口にすぎない」 藤川教授

ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団)は11月5日、第17回全国教育長会議を都内で開催した。40道府県から87人の市町村教育長が参加。本紙オピニオン執筆者である千葉大学教育学部の藤川大祐教授が基調講演し、「GIGAスクール構想は入り口にすぎない。その先を見据える必要がある」と、ポストコロナの教育の姿を語った。

藤川教授は最初に、GIGAスクール構想の前倒しによる学校現場の急激な環境変化について触れ、「デジタル端末については、習うより慣れろだ。一番はどんどん使っていただくこと」と述べ、IT研修などを行って万全を目指すよりも、とにかく触れることが有効であるとアドバイス。その上で、「カギはICT支援員。いつでも相談できる体制があれば問題はない」と補足した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。