共通テストの感染防止対策 大学入試センターが方針公表

来年1月に初めて実施される大学入学共通テストについて、大学入試センターは11月6日、新型コロナウイルスの感染防止対策を公表した。試験会場には医師や看護師を配置し、無症状の濃厚接触者の別室受験を認めるなどの方針を示した。

受験生には常にマスクの着用を求め、着用していない受験生には会場で準備したマスクを配布して、着用させるようにする。感覚過敏などにより着用が困難な受験生は、医師の診断書と共に受験上の配慮申請を行い、別室受験とする。

会場の入り口などでのアルコール消毒や、科目終了ごとの教室の換気を徹底するほか、受験生が混雑を避けてトイレを利用したことで、試験時間の入室終了時刻に間に合わない場合は、試験開始時刻を繰り下げるなどの対応を行う。

また、当日に発熱や咳の症状がある受験生や、無症状の濃厚接触者のための別室も、それぞれ設ける。無症状の濃厚接触者からの受験希望の申し出は、試験前日の午前10時まで受け付けるとし、受験番号や試験場コード、氏名、保健所によるPCR検査の結果などの事項を自署した書面をFAXなどで提出する。

試験中の急な体調不良に対応するために、医師や看護師も配置。試験中に発熱や咳などの症状が認められた受験生には、診療を受けさせる。健康状態チェックリストの項目に該当した受験者については、追試験の受験申請を案内し、それ以降の受験は認めないとした。

次のニュースを読む >

関連