GIGAスクール構想に向けて 東京都江東区の取り組み

GIGAスクール構想は前倒しされたが、コロナ禍が続く中、1人1台端末の環境が整うまでに、各自治体ではどのような準備を進めていくのか――。5月中に1家庭1台の環境を整え、6月からは全公立小中学生にスタディサプリのアカウントを配布するなどした、東京都江東区の取り組みを取材した。
分からないことは動画で調べる子供たち
同区では長期休校中の5月、BYODと学校からの端末貸し出しにより、1家庭1台の環境を整えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。