未来への投資「躊躇する暇なし」 経団連が新成長戦略

菅政権の発足に伴い、経団連は11月9日、アフターコロナの持続可能な社会経済の実現に向けた具体策をまとめた「新成長戦略」を公表した。子供への教育や子育て支援など、未来への投資の重点化を打ち出し、学習履歴(スタディ・ログ)などを活用した個別最適化された学びの実現などをうたった。

新成長戦略では、将来にわたる持続可能な経済成長を可能にするために、子供や若者への教育、子育て世帯への支援など、未来への投資を重点的に拡充する必要があると指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。