個別最適化された学びの姿 eポートフォリオ専門家が講演

学校や民間におけるeラーニングの成果が発表される「eラーニングアワード2020フォーラム」(e-Learning Initiative Japan主催)が11月11日、オンラインで開かれ、eポートフォリオの専門家である森本康彦東京学芸大学教授が、学習履歴(スタディ・ログ)などを活用した個別最適化された学びの姿について、特別講演を行った。

森本教授は、新型コロナ対策でGIGAスクール構想が前倒しされ、今年度中にも小中学校で1人1台のICT環境が実現することを前提に、Society5.0に向けた教育をいかにつくるかが重要だと強調。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。