広尾学園副校長が語る ICTによるハイレベルな探究

オンライン授業を超えた先には世界がある――。11月11日にオンラインで開催された「eラーニングアワード2020フォーラム」(e-Learning Initiative Japan主催)では、1人1台環境をいち早く実現し、医進・サイエンスコースでハイレベルな探究型学習を行っている、広尾学園中学校・高等学校の金子暁副校長が講演。ICTを基盤とした学校教育の可能性について語った。

2011年に起きた東日本大震災を契機に、校内のWi-Fi環境整備と1人1台の情報端末導入を進めてきた同校は、コロナ禍で休校となっても、4月15日から通常の時間割とほとんど変わらない状態で、全教科でオンライン授業を実施。その成功の一因には、生徒有志がオンライン授業のサポートサイトを新入生向けに作成するなど、生徒の主体的な活動があったという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。