個別最適化へ3つのログの活用を 教育再生実行会議TF

ポストコロナ時代の教育の方向性を議論している政府の教育再生実行会議は11月12日、デジタル化タスクフォースの第2回会合を開き、教育のデジタル化に向けた論点を巡り、委員を務める3人の専門家が意見発表を行った。個別最適な学びの実現に向けた3つのログの活用や、データ駆動型教育の重要性、児童生徒一人一人のマイページによる情報の一元化など、それぞれの専門家が教育のデジタル化を考える視座を提供した。

会合では、▽藤村裕一・鳴門教育大学大学院遠隔教育プログラム推進室長▽喜連川優・情報・システム研究機構国立情報学研究所長▽堀田龍也・東北大学大学院情報科学研究科教授――の3人が意見発表を行った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。