少人数学級は「不退転の決意」 文科相が関係団体に誓う

校長会や日本PTA全国協議会など、教育関係23団体で構成される「子どもたちの豊かな育ちと学びを支援する教育関係団体連絡会」は11月12日、東京都千代田区の参議院議員会館で全国集会を開き、新型コロナウイルスの感染防止対策としての少人数学級の実現と、学校における働き方改革の推進を求めるアピールを採択した。萩生田光一文科相は少人数学級の実現について「不退転の決意で取り組んでいきたい」と参加者を前に誓った。

集会は感染防止対策のため、例年より参加者を絞り、各党の代表者や文科省職員、関係団体代表者ら、約100人が出席した。開会のあいさつに立った日本PTA全国協議会の清水敬介会長は「参加者の人数に関わらず、私たちの教育に寄せる思いは変わることがない。むしろ、このようなときだからこそ、子供たちの学びを止めない、人と人とが学び合い、育て合う学校という現場をしっかりと支えたいという強い思いでこの場に集まっている」と強調。国による良質な教育環境の整備を訴えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。