「豪州でロボットに問題」 児童が遠隔でデバッグに挑戦

遠隔操作でオーストラリアに送ったロボットのデバッグに挑戦しよう――。相模原市立小山小学校(阿部高美校長、児童657人)で11月12日、子供たちが作った農業用ロボットを遠隔でつなぎ、プログラム上の不具合を修正するプログラミングの公開授業が行われた。児童らは現地の人たちと簡単な英語でコミュニケーションを取りながら、問題の原因や解決策を議論し、遠隔で修正プログラムを実装した。

授業が行われた5年生では、前時までに、社会科でオーストラリアの農業問題について学び、その発展として「総合的な学習の時間」で、その課題を解決するためのアイデアをレゴエデュケーションのロボット教材「SPIKE プライム」で表現。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。