少人数学級「30人学級を目指すべきだ」 文科相が明言

来年度予算編成で文科省が要求している少人数学級について、萩生田光一文科相は11月13日、閣議後の記者会見で、「令和の時代の新しい学校の姿として、私としては30人学級を目指すべきだと考えている」と述べ、義務標準法を改正して学級編制を現在の40人から30人に引き下げるべきだとの考えを明らかにした。学級編制の引き下げには、教職員定数の増加が財政負担増につながりかねないとして財務当局が慎重な姿勢をとっている。萩生田文科相が「目標の目安」として30人学級の実現を明言したことで、少人数学級を巡る文科省と財務省の予算折衝は一段と激しさを増しそうだ。

萩生田文科相は、学級編制の引き下げを求める理由について、「新たな感染症対策のため、現状の教室の広さの中で、身体的距離を確保することがまず必要。また教育のさらなる質の向上を図るためには、1人1台端末を活用し、1人1人に応じたきめの細かな指導を行う必要がある」と説明。感染症対策とICTを活用した個別最適な学びという、2つの狙いを学校現場で実現するため、「令和の時代の新しい学校の姿として、私としては30人学級を目指すべきだと考えている」と、きっぱりと話した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。