教育格差是正やグローバル対応拡充 経団連が第2次提言

経団連は11月13日、学びのデジタルトランスフォーメーション(DX)や、公教育におけるダイバーシティ・インクルージョンの実現を掲げた「Society5.0に向けて求められる初等中等教育改革」の第2次提言を公表した。今年7月に示された第1次提言を踏まえ、ウィズコロナ時代を見越したグローバル教育への対応や、教育格差の是正に向けた内容などを拡充した。また、同日に国の今年度第3次補正予算案に向けたEdTechに関する緊急提言も発表した。

第2次提言では、オンラインと学校のハイブリッドな学習環境の構築や、新学習指導要領の目指す教育の実現などを盛り込んだ第一次提言からさらに、デジタル技術や教育ビッグデータを活用した習熟度に応じた個別最適学習の推進、性別や人種、国籍、家庭環境、身体能力などにかかわらず、公教育で誰一人取り残さず、一人一人の個性や能力を最大限伸ばし、他者と協働で問題解決や新たな価値を創造する体験の重要性をうたった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。