中教審が答申素案示す 履修主義・修得主義などで加筆

中教審の「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」は11月13日、第18回会合をオンラインで開催し、「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~」の答申素案を示し、さらに審議を重ねた。先月7日に公表された中間とりまとめから、各ワーキンググループの議論や関係団体へのヒアリング内容を踏まえ、総論ではICTを活用した個別最適な学びや、履修主義と修得主義の適切な組み合わせについて加筆された。さらに各論では高校改革や特別支援教育などについて、より具体的な説明が加わった。

答申素案では、総論の3章で、一斉休校下の学びの在り方に触れながら、ICT活用を生かした「個に応じた指導」や「協働的な学び」の充実について追記があった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。