VRでネーティブと英会話 TGGが国内初のサービス提供

日本にいながら海外で英語を話す疑似体験ができる施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」は11月16日、仮想現実(VR)でネーティブスピーカーと英語でコミュニケーションができる体験型英語学習サービス「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY(VGG)」を開始すると発表した。同社によると、体験型英語サービスをVRで提供するのは国内で初めて。

2018年9月に東京都江東区にオープンしたTGGは、都内からだけでなく修学旅行などでの訪問も含め、多くの学校に利用されてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、TGGに直接訪れることが困難になったり、海外留学が難しくなったりしている状況を踏まえ、今年2月からVRによるプログラム提供を模索。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。