教員の指導力を国際比較 各領域平均スコアで日本が最高

OECD(経済協力開発機構)は11月16日、日本を含む8カ国・地域を対象とした数学の二次方程式の指導に関する教員の授業動画を分析し、指導力の国際比較研究を試みた報告書「Global Teaching InSights」を公表した。日本は「授業運営」「社会的・情緒的支援」「教科指導」の各領域で平均スコアが参加国・地域の中で最も高かった。

各領域の平均スコア

同調査は日本の静岡市、埼玉県熊谷市、戸田市の公立中学校と関東地方、静岡県の国立大学附属中学校、チリのビオビオ・首都州・バルパライソ、コロンビア、英国のイングランド、ドイツ(16州のうち7州から参加)、スペインのマドリード、メキシコ、中国の上海で実施。日本では2018年6~11月に行われた。

数学の二次方程式の授業の様子を1人の教員につき2回、動画撮影し、指導案などの資料や調査単元前後の質問紙、数学のテストなどを分析した。OECDがこのような指導と学習に関する国際調査を行うのは初という。

報告書では▽授業運営▽社会的・情緒的支援▽教科指導――の3つの領域で分析を行った。

「授業運営」は、授業開始時のあいさつ、プリントの配布、小グループへの移動などの習慣化された作業(ルーティン)、教員による教室全体の状況観察(モニタリング)、授業中の中断や混乱への対処などの頻度を1~4の範囲で数値化。その平均スコアは▽日本 3.81▽中国 3.75▽英国 3.74▽スペイン 3.72▽コロンビア 3.70▽ドイツ 3.67▽メキシコ 3.58▽チリ 3.49――だった。クラス全体や小グループ、ペア、個別などの活動形態の使用頻度では、日本は個別学習が多く観察され、その割合は77%だった。

「社会的・情緒的支援」では、教員と生徒の間でのお互いの敬意や、教員が褒めたり、ほほ笑んだりする行為、生徒の間違いや苦戦に対して、教員の支援の下で粘り強く取り組む努力をしているかなどを分析。その平均スコアは▽日本 3.26▽スペイン 3.24▽英国 3.14▽ドイツ 3.13▽メキシコ 2.81▽コロンビア 2.80▽チリ 2.80▽中国 2.62――となった。

一方で、粘り強さの指標についての平均スコアに関してみると、日本は6番目の1.45で、数学的な間違いや苦戦している場面で対処しなかったり、対応が表面的であったりした授業の割合は58%あった。

「教科指導」は、教員と生徒の対話や教科内容の質、認知的要求の高い内容への取り組み、生徒の理解に対する評価と対応などで構成。平均スコアは▽日本 2.24▽英国 2.23▽ドイツ 2.20▽中国 2.15▽スペイン 1.96▽メキシコ 1.92▽チリ 1.85▽コロンビア 1.74。

日本では、生徒が認知的に深く考えたり、分析的、創造的な活動に取り組む割合が比較的高く、規則性や手順、公式の適用、分析を問うことに重点が置かれたり、問題を解くための手続きや段階について、生徒の考えを引き出したりする授業の割合が多かった。また、日本では全ての教員が、生徒が取り組む活動や課題、学習目標を明示していた。

事後テストの得点と各領域の関連では、日本では指導実践の授業運営領域と教科指導領域の合計スコアの間で、それぞれ統計的に有意な関連が認められ、これらの質が高いクラスは事後テストの得点も高い傾向にあることが示された。

調査結果からはさらに、他国では反復練習の機会が多いことや、日本のICT活用の割合が低いことなども明らかとなった。

次のニュースを読む >

関連