遠隔授業の受信側「教師がいることは当然」 文科相

遠隔オンライン授業を巡る規制緩和論議の焦点となっている、受信側に教師の同席を求める要件について、萩生田光一文科相は11月17日、参院文科委員会で質疑に答え、「(オンライン経由で)話を聞いて、授業としてどう話し合っていくのか、どうまとめていくのかという段階で、教師がいることは当然のことだ」と述べ、要件の緩和に応じる考えがないことを改めて強調した。

萩生田文科相は、上野通子参院議員(前文科副大臣、自民)から、ICTを活用した遠隔授業によって教育の質を高めていくための考え方を問われ、まず、「学校教育においては、教師が子供たち一人一人の日々の様子、体調や理解度を直接確認、判断し、子供たちの理解を高めたり、生徒指導を行ったりすることが重要。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。