子供のオンライン行動監視 日本の保護者は12カ国で最下位

子供のインターネット利用時間が増加し続ける中、日本の保護者は、子供のオンライン行動の把握が世界平均より少ない傾向にあることが、デジタルセキュリティー関連企業のアバストがこのほど発表した調査結果で分かった。

同調査は同社が外部調査機関に委託し、日本の保護者501人を含む、世界12カ国の保護者約6000人を対象に6月に実施した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。