文科相、大学と意見交換 「遠隔授業は学生の納得が大事」

コロナ禍の影響で、大学での対面授業が十分に受けられない学生がいることを背景に、萩生田光一文科相は11月19日、大学団体を代表する学長らと意見交換を行い、学生や保護者の納得を得られる学習機会の確保と、相談窓口の充実などを改めて要望した。

また、オンライン授業の単位数は「60単位を超えない」とする大学設置基準を、次年度まで特例的に緩和したことにも触れ、「これが対面授業をやらなくてよいのだ、という間違ったメッセージになっているのだとすれば、改めて通知を出させていただきたい」と述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。