中高生の妊娠、無料で検査 熊本市の病院が専用窓口

コロナ禍で中高生の望まない妊娠の相談が相次いでいることを受け、熊本市中央区の福田病院はこのほど、中高生専用の窓口を設置し、無料かつ匿名で検査を受けられる独自の取り組みを開始した。

対象は18歳以下で、同病院のほか熊本県内3カ所の関連クリニックで取り組む。

初診時の妊娠判定は無料で実施し、健康保険証を提示しなくても対応する。また、相談にも無料で応じる。「生理がこない」「市販の妊娠検査薬が陽性だった」など、家族や教師ら周囲の大人に打ち明けられない中高生の悩みを、専門スタッフが対面のほか、電話やメールでも受け付ける。

同病院は「10代の妊娠、若年妊娠は誰にも相談できない場合がある。若さゆえの知識の乏しさから、産むかどうかの選択時期を過ぎてしまうなど、さまざま。サポートの窓口があることを一人でも多くの中高生へ伝えることができれば」と、中高生に向けてメッセージを送る。

中高生の妊娠を巡っては、コロナ禍で改めて深刻な実態が露呈。中高生の性暴力被害の増加も指摘されるなど、早急な対応が求められている。

次のニュースを読む >

関連