テキストプログラミングに挑戦 渋谷区が全中学校で講座

中学生がコードを直接入力するテキストプログラミングに挑戦する体験講座が11月19日、東京都渋谷区立代々木中学校(川上弘文校長、生徒371人)を皮切りにスタートした。生徒は各自のコンピューターからコードを入力したり、改良したりしながら、どうすれば課題をクリアできるか思考し、夢中になって取り組んだ。

いち早く1人1台の学習者用コンピューターの整備を実現した渋谷区は、区内にあるIT企業などと連携してプログラミング教育を普及させる「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」を実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。