少人数学級「法律で位置付け」 文科相、法改正の意向表明

来年度予算編成で折衝中の少人数学級について、萩生田光一文科相は11月20日、衆院文科委員会で、「当然のことながら、法律できちんと位置付けをして、前に進んでいきたい」と述べ、法改正によって学級編制の引き下げを明示する意向を表明した。萩生田文科相は先に「30人学級の実現を目指すべきだ」との考えを示しており、これに加えて法改正の意向を明言したことで、義務標準法を改正して学級編制を現在の40人から30人へ引き下げを目指す文科省の方向性が明確になった。ただ、財務当局は、財政負担増を理由に、学級編制の引き下げには依然慎重な姿勢をとっている。

萩生田文科相は、中川正春衆院議員(元文科相、立民)の質疑に対し、「新たな感染症の発生など、今後どのような状況においても、子供たちの学びを保障するとともに、ICTを活用した個別最適な学びを実現することが必要。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。