大学生の就職内定率が7割下回る 短大、専門も大幅低下

文科省と厚労省が11月17日に公表した、10月1日時点での大学卒業予定者の就職内定率は69.8%で、前年同期と比べ7.0ポイント低下。ここ数年の上昇傾向から一転し、5年ぶりに7割を下回った。コロナ禍で企業が採用を抑制した影響が出たためとみられる。特に短期大学や専門学校で苦戦している状況がうかがえる。

10月1日時点での卒業予定者の就職内定率の推移

大学の就職内定率を詳しくみると、国立大学は71.9%(同7.5ポイント減)、私立大学は69.1%(同6.8ポイント減)。男子は68.8%(同7.3ポイント減)なのに対し、女子は70.9%(同6.7ポイント減)だった。また、文系では68.7%(同7.5ポイント減)なのに対し、理系は74.5%(同4.8ポイント減)と、文系に比べ理系の方が下げ幅は小さかった。

地域別にみると▽北海道・東北 64.2%(同10.3ポイント減)▽関東 74.4%(同6.1ポイント減)▽中部 67.9%(同6.5ポイント減)▽近畿 71.5%(同8.1ポイント減)▽中国・四国 59.7%(同10.4ポイント減)▽九州 64.4%(同2.5ポイント減)と、北海道・東北、中国・四国地区では10ポイント以上、下がった。

大学以外では、▽短大 27.1%(同13.5ポイント減)▽高等専門学校 93.8%(同2.4ポイント減)▽専門学校 45.5%(同14.9ポイント減)――で、短大は1996年度の調査開始以来、最大の下げ幅となった。

厚労省の担当者は「業界によっては採用を絞っている影響に加え、休校で大学のキャリアセンターに足を運べず、動き出しが遅くなっていることも考えられる。一部の短大からは、保育士や幼稚園教諭の実習がコロナの影響で後ろ倒しになり、就職活動も遅れているという話も聞いている。まだ10月時点の状況であるため、今後の動きに注視していく必要がある」と話している。

同調査は全国の大学、短大、高等専門学校、専門学校など112校を抽出し、学生ら6250人を対象に就職希望の有無や内定状況について電話や面接で聞き取りを実施した。短大は女子学生のみ、高等専門学校は男子学生のみを対象としている。

次のニュースを読む >

関連