地元企業の外国人と英語で交流 小学生がワールドカフェ

小学生と外国人が英語でコミュニケーションする、ワールドカフェの授業が11月13日、埼玉県上尾市立大谷小学校(深澤孝忠校長、児童759人)で行われた。同校の近くに本社がある、トラックの製造・販売を行うUDトラックスが協力。同社に勤務する外国人従業員が自国の文化を英語で紹介すると、今度は子供たちが日本の伝統文化を英語や実演を交えて説明し、一緒にあやとりやコマ回しなどを楽しんだ。

この授業は、同社従業員も参加していた同校の学校運営協議会で、学校側が打診して企画がスタート。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。