【工藤勇一氏×出口治明氏】 教育の議論にエビデンスを

横浜創英中学校・高校の工藤勇一校長と立命館アジア太平洋大学の出口治明学長が11月22日、オンラインで開催された「未来の先生フォーラム2020」の記念対談に登壇した。「before・with・afterコロナの学校教育」をテーマに、学校教育にとどまらず子供たちを取り巻く社会全体の課題や問題点について語り合った。出口学長は教育を議論する上で、「精神論ではなく、エビデンスをもとに検証していくことが大切」と指摘。工藤校長もそれに同意し、「現場は目の前のトラブル解決に追われ、『学校は社会の準備期間』という本来の目的を忘れてしまっている」と述べた。

対談の冒頭では、子供だけでなく大人を含めた社会全体が当事者意識を失いつつある現状について、議論を展開した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。