ひとり親世帯への影響深刻化 給付金の再支給求める

ひとり親世帯の支援を行う団体で構成する「シングルマザーサポート団体全国協議会」は11月24日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館で院内集会を開き、新型コロナウイルスの影響が今後より一層深刻化するとして、ひとり親世帯を対象とした臨時特別給付金の再支給などの支援を求めた。

同協議会に加盟するNPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」が母子家庭を対象に行っているパネル調査では、8月の収入が、国内で感染が拡大した今年2月と比較して「減少した」と答えた割合は4割を超えており、経済的な理由で食料品や子供の衣服などを買えないこともあると答えた家庭も2割以上となっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。