ウィズコロナの大学教育 学生も参加し、国大協がシンポ

国立大学協会は11月25日、ウィズコロナの大学教育の在り方をテーマに、オンラインシンポジウムを開いた。大野英男東北大学総長と、喜連川優・国立情報学研究所所長・東京大学教授が講演。国立大学の学生らも参加してのパネルディスカッションも行われた。

大野総長は東北大学が実施してきた、新型コロナウイルスへの一連の対応について説明した後、今後の大学教育の課題として、留学生を含めた多様な学生の確保を挙げた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。