学校は多様性を失っている ROCKETの中邑教授が警鐘

「異才発掘プロジェクト ROCKET」で知られる中邑賢龍・東京大学先端科学技術研究センター教授が11月25日、超教育協会(小宮山宏会長)主催のオンラインシンポジウムに登壇し、現在の学校教育は効率化を求めすぎるあまりに、子供がじっくり学べる時間や多様性を失っていると警鐘を鳴らした。

同プロジェクトは2014年に始まり、卓越した能力を持っていながら学校教育などになじめない子供に、新しい学びの場を提供することを目的にして、ユニークなプログラムを展開している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。