休日に夫が家事・育児するほど 第2子以降の出生割合高く

厚労省は11月25日、毎年同じ集団を追跡し、その変化をみる「21世紀成年者縦断調査」の2019年(第8回)の結果を公表した。子供が1人以上いる夫婦では、夫の休日の家事や育児の時間が長いほど、第2子以降の生まれる割合が高くなる傾向が示された。

調査結果によると、12年調査(第1回)で独身だった人のうち、この7年間で結婚した割合は男性で29.8%、女性で45.2%だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。