工業高校の学びの評価を研究 全国の実践校が中間報告

工業高校生の専門的職業人として必要な資質・能力の評価手法の、実践研究に関する中間発表会を、全国工業高等学校長協会がこのほど開いた。実践研究校がこれまでの取り組みを発表したほか、新学習指導要領を見据え、工業高校の専門科目などに対応した評価手法が報告された。

2022年度から年次進行で高校の新学習指導要領への移行が進むのにあたり、特に高校では、観点別評価が本格的に導入されるなど、評価方法も大きく変わる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。