少人数学級「定数改善計画の策定が必要」 文科相が意向表明

来年度予算編成で折衝中の少人数学級について、萩生田光一文科相は11月27日、衆院文科委員会で、「実施に当たっては、地方自治体が長期的な見通しを持って教員を採用しやすくなるように、定数改善計画の策定が必要であると考えている」と述べ、実現に向けて教職員定数改善計画の策定を目指す考えをはっきりと表明した。教職員定数改善計画は小泉政権の行財政改革で2006年度予算の編成過程で策定が見送られて以来、文科省がたびたび予算要求をしても財務当局に認められなかった経緯がある。萩生田文科相が16年ぶりとなる定数改善計画の策定を明言したことで、長期的な計画を立てて義務標準法の改正による30人学級の実現を目指す文科省のシナリオが、一層鮮明になった。12月下旬の来年度予算案作成に向け、財務当局との折衝が激しさを増していくとみられる。

萩生田文科相は、笠浩史衆院議員(元文科副大臣、立民)から少人数学級を巡る財務当局との折衝状況を問われ、「少人数によるきめ細かな指導体制の計画的な整備については、学校現場において高いニーズがあると確信している」とした上で、「特にGIGAスクール構想の下、1人1台端末を活用した、個に応じた指導が可能となり、教育が変わる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。