【教員×投票】支援が必要なヤングケアラー 学級にいる?

学校に通いながら家族の介護などをしなければならない18歳未満を「ヤングケアラー」と呼びます。埼玉県は11月25日、同県内の高校2年生を対象に初めて実施した、ヤングケアラーの実態調査の結果を公表しました。

ケアの理由が「障害や病気などではなく、幼い(未就学・小学生)からのみ」という場合は除いて、「現在もヤングケアラーである」「過去にヤングケアラーであった」と答えた生徒は1969人。回答者全体の4.1%(うち女子生徒は58.9%)で、1クラスに1人以上いるという結果でした。

また、ケアによる生活への影響としては、孤独やストレスを感じていたり、学習時間が確保できなかったりといった声がありました。
ヤングケアラーに関しては、厚労省も調査研究の検討委員会を立ち上げるなど、実態解明と支援策の具体化に向けた動きが本格化しています。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。