自民経済対策 高校の1人1台端末整備など菅首相に提言

自民党の政務調査会は11月30日、今年度の第3次補正予算案とともに検討されている追加経済対策に関する提言をまとめ、菅義偉首相に申し入れた。提言には、高校で「国として1人1台の情報端末」を整備することなどを盛り込んだ。同日開かれた党文部科学部会では、赤池誠章部会長が「2022年度までに100%、1人1台の環境を目指したい」と強調した。

提言には▽小中学校はもちろん、高校段階における1人1台の情報端末や、ICT環境の学校内外・家庭での整備▽中山間・離島などでの遠隔授業導入▽学習者用デジタル教科書の普及▽オンライン学習システムの全国展開▽全国学力・学習状況調査のCBT化実現に向けた実証▽高速・大容量・安定的な通信ネットワーク環境整備――などが盛り込まれた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。