「大学退学考えた」4人に1人 あしなが育英会の奨学生

病気や災害、自死などで親を失った子供たちを支援する「あしなが育英会」は11月30日、都内で記者会見を開き、全ての奨学生に対し、一人につき20万円の「年越し緊急支援金」を給付すると発表した。同会が奨学生を対象に行った調査では、大学生の4人に1人が退学を考えたことがあると回答。家庭の経済状況に深刻な打撃を与えていることが分かった。

同会では10月23日~11月5日に、高校や大学に通う奨学生とその保護者、計6241人にウェブでアンケート調査を実施し、52.9%から回答を得た。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。