ヨルダン、ネパールに届け! 児童ら総合学習でCD制作

ヨルダンやネパールの友達に向けたメッセージソングを小学生が制作し、CDとして発売する――。東京都北区立袋小学校の児童が、総合的な学習の時間をつかってヨルダンやネパールの子供たちと交流し、彼らに向けたオリジナルソングを作成して、販売するプロジェクトの報告会が11月28日、オンラインで開催された。主催したのは、東京都練馬区立石神井台小学校の二川佳祐教諭らが運営する、教育や地域に関連したイベントを開催するコミュニティ「BeYond labo」。

イベントには、プロジェクトを指揮した山下徹教諭(現・三鷹市立第三小学校)や、当時小学6年生でプロジェクトを体験した卒業生が参加。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。