リンク先の内容変更は発行者が管理 教科書検定制度を改善

教科書検定制度の改善方策を検討していた文科省の教科用図書検定調査審議会は12月2日、本年度2回目の総会で報告を取りまとめ、萩生田光一文科相に手渡した。報告によると、教科書にウェブページアドレスのURLやQRコードなどの二次元コードで、リンク先の参照事項を記載する場合、従来の検定や訂正申請のように文科省が内容の変更点を全て確認するのは現実的ではないとして、教科書発行者が参照事項の変更内容を管理し、文科省が報告を受ける仕組みを構築。参照事項の変更で児童生徒に不適切な内容が記載された場合には、教科書から削除する措置が講じられるようにする。また、検定済み教科書の1年間の訂正件数が2万5000件を上回る現状を踏まえ、訂正内容を教科書発行者のホームページで公開し、学校現場が最新の訂正状況を確認しやすいように環境を整備する。

報告ではまず、新型コロナウイルス感染症対策と教科書検定手続きについて、今後の感染予防対策の徹底とICTの発展による行政手続きの簡素化を踏まえ、見直しを方向付けた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。