私立高の学費滞納と中退割合、過去最低 全国私教連調査

全国私立学校教職員組合連合(全国私教連)は12月3日、今年9月末までの私立中学・高校における学費の滞納と、経済的理由による中退の調査結果を公表した。私立高校の学費滞納の生徒の割合は4年連続で1%を切り、滞納生徒数も過去最低だった。

同調査によると、今年9月末時点で、私立高校で3カ月以上、学費を滞納した生徒は207校に1407人おり、全調査生徒数の0.52%。前年の0.87%を大きく下回った。3カ月以上の滞納が10人以上の高校は39校で、50人以上は5校。最も多かった学校は66人だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。